会長挨拶

皆様こんにちは。ようこそ当クラブのサイトにご訪問くださいました。
東京国立ロータリークラブ2018-19年度の第50代会長を務めますことになりましたので、この機会に私たちのクラブの魅力をお伝えしたいと思います。

当クラブは間もなく創立50周年を迎えますが、長い伝統の裏付けのもと革新との調和を図りながら歩みを重ね、現在は49名の会員で仲睦まじいクラブライフを楽しんでおります。
会員は、30歳代から80歳代まで幅広い年代で構成されていますが、全員が些かでも社会に奉仕しようとの共通した思いのもとに、地域社会でのイベント活動の主催や応援を行い、或いは国際プロジェクトに参加するなど、それぞれが役割を分担しながら、世代間の開きを超えて協力し合い様々な奉仕活動を行っています。

また此地に1100年続く谷保天満宮の格式ある社務所において、原則として毎週水曜日12時30分~13時30分に開かれる昼食を兼ねた定例会は、会員相互の情報交換や活動計画の打合わせなどの場であるとともに、機会を見つけては外部からの有識者など招いた「卓話」で見聞を広げるなど実り多い内容となっております。

加えて、「炉辺」と称して分科会や有志による夜の会食会も、会員相互の親睦を深めるともに、時には議論で時の経つのを忘れることもあり、楽しみの一つでもあります。
これらの活動は他のクラブでも共通して行われていますが、当クラブの特徴は会員全員が深い絆で結ばれ、こよなくこの街を愛しているところにあります。

今年度、クラブの上部機構である、国際ロータリークラブ本部の会長からは“BE THE INSPIRATION”〈インスピレーションになろう〉という味わい深いメッセージが発信されました。
これはロータリークラブの基本理念である親睦と奉仕の輪を、自らが、またお互いが高め合いながら更に広げていくための原動力になることでもあります。
私たちは改めて世界にも目を向けつつ、これからも地域に活力を生み出す活動に力を注いで参ります。そしてこれを新しい仲間にも加わっていただき、共に活動できればと願っているところです。

是非一度例会場を実際に訪れていただき”インスピレーション”を共感いたしませんか?
心よりお待ち申し上げています。

2016~17年度テーマ